イノシトール はげ・薄毛対策し隊

スポンサードリンク

イノシトール

イノシトールは、はげ予防に効果があるとされています。ビタミンB群が脱毛予防や育毛効果があるといわれていますが、イノシトール (inositol) は、水溶性のビタミン様物質でビタミンB群としての働きをすることが知られています。



ビタミン様物質とは12種類あるとされていて、厳密にはビタミンには属さないものの、ビタミンと似たような働きのある物質のことをいいます。イノシトールは、イノッシとも呼ばれ、甘味を持ち、脂肪とコレステロールを代謝し、細胞の成長促進に関わる欠かせない栄養素とされています。



肝機能の低下は、抜け毛の原因となります。イノシトールは、血液中のコレステロールの流れを良くするとされていて、肝臓に脂肪がつかないようにする働きがあるので、「抗脂肪肝ビタミン」と呼ばれ、脂肪肝や肝硬変などの予防・治療薬として使用されていて、動脈硬化の予防にも効果があるとされています。



したがって、イノシトールは脱毛予防に効果があるとされているんです。また、髪を健康にし、脱毛を防ぐだけでなく湿疹を防ぐ効果が有るともいわれています。さらに、脂肪肝は肝臓がんの原因のひとつとされています。



イノシトールは、水溶性のビタミン様物質であるコリン(Choline)と結合してレシチンを生成します。レシチンの不足は、疲労、免疫力低下、不眠、動脈硬化、糖尿病、悪玉コレステロールの沈着など多くの症状の原因となります。また、コリン同様に、脳の活性化に役立つとされています。



イノシトールは、また、パニック障害、強迫性障害に有効とされていて、さらに、セロトニン異常に起因するうつ病に対する有効性を研究されてもいるようです。



抜け毛、薄毛にはストレスも大きく関わっています。毛髪を作る毛細胞は血流がよくなければ新しい髪を作るための栄養が行き届かないものですが、ストレスによって全身の血流が悪くなり、髪を作るための栄養が行き届かなくなります。



イノシトールは、肝機能の改善や血流の改善効果などによって脱毛予防と育毛に効果があると考えられています。



イノシトールの欠乏症状としては、ほかに、湿疹、便秘の症状が出ることがあるとされていて、毒性はありませんが、過剰に摂取した場合には、イノシトールに含まれるフィチン酸が、鉄、亜鉛、カルシウムの吸収を阻害することがあるとされています。したがって、例えばミネラルのサプリメントなどとは一緒に摂ることは避けたほうがいいようです。



イノシトールの成人男性の1日の摂取量の目安は、250〜500mgとされていて、糖尿病の人は倍の量の摂取が目安とされているようです。

イノシトール 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク


[あとで読む]



【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛プログラム






お金をかけない薄毛対策〜芝崎プロポーションクリニック〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。