ケイ素 はげ・薄毛対策し隊

スポンサードリンク

ケイ素

ケイ素が、はげ・薄毛の予防・改善に効果があるといわれています。ケイ素(珪素:Si)は、シリコン(英:Silicon:Si)ともいい、ヒトでは珪酸として髪の毛、皮膚、軟骨に多く存在している非金属ミネラルです。



ケイ素のなかでも、水晶石を高温にしてガス化したケイ素を得る方法を用いてつくられた水溶性ケイ素には、抗菌・殺菌性、浸透性、浄化力、消炎性、細胞賦活作用があるとされていて、水溶性ケイ素を頭皮に塗布すると髪の毛を作る細胞が活性化して、育毛効果を得ることが出来るといわれています。



ケイ素は、体内では、コラーゲンを束ねて結合組織を強化する作用がある成分で、これが欠乏すると、爪が割れる、髪の毛のツヤがなくなる、髪の毛が細くなる、髪の毛が抜ける、肌のシワが増えてくる、肌がタルんでくる、関節がスムーズに動かないなどの症状があらわれます。



ケイ素はまた骨粗しょう症の予防・改善に効果があるとされています。ケイ素を食事から多く摂取している男性および閉経前の女性は骨密度が高く、骨粗しょう症リスクが低いとされています。



これは、ケイ素の細胞賦活作用などによると思われ、骨新生に作用していることによると考えられています。そして、今のところこの効果は、閉経後の女性では効果がないと考えられています。



ケイ素は、細胞に水分を補給し、毒素を排出する作用があるとされ、充分に摂ると血流改善効果により血液細胞が活性化、浄化されることで育毛効果などがあると考えられています。



ケイ素を豊富に含むスギナやミレットエキスが育毛効果があるとされるのは、このケイ素の働きによると考えられています。



ケイ素が注目されているのは、体内でムコ多糖類と強固に結び付いて存在していることで、どんな老化現象にも、ムコ多糖類の著しい減少が伴っていることからもケイ素の摂取は必要と考えられています。



ケイ素の一日の必要量は、確定はしていませんが、ケイ素は、成人の場合、1日あたり10〜40mgくらい消費されていると考えられていることから、1日20〜40mg摂取することが勧められています。

ケイ素 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク


[あとで読む]



【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛プログラム






お金をかけない薄毛対策〜芝崎プロポーションクリニック〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。