17型コラーゲン はげ・薄毛対策し隊

スポンサードリンク

17型コラーゲン

17型コラーゲンの不足が、はげと白髪の両方の原因となるとの報告があります。17型コラーゲンの正式な表記は、XVII型コラーゲンとなりますが、ここでは、17型コラーゲンを使用します。



コラーゲンは、体内のたんぱく質の約1/3を占めていて、その構造の違いにより30種類以上のタイプ(型)があるといわれています。これらのタイプの異なるコラーゲンは、「I 型」「II 型」などのように、 ローマ数字を使って区別されていて、機能や存在部位などもそれぞれ異なります。



17型コラーゲンと、はげと白髪の関係についての研究成果は、東京医科歯科大と金沢大、北海道大、弘前大などの研究チームによる研究で2011年2月4日付の米・国際科学誌Cell Stem Cell(セルステムセル)に掲載されたものです。



ヒトのコラーゲンは30種類以上あり、例えば、I型コラーゲンは、体内で最も多く存在するコラーゲンで、皮膚や骨などに多く含まれ、骨や軟骨の内部では、骨や軟骨の弾力性を増すのに役立っており、また、皮膚では、皮膚の弾力性や強度に役立つことが知られています。



一方、こうした従来から知られている機能とは別に、コラーゲンが、それに接する細胞に対して、増殖、分化シグナルを与えるなど、情報伝達の働きをも担っていることが解明されつつあります。



東京医科歯科大学・難治疾患研究所・幹細胞医学分野の西村栄美教授らは、17型コラーゲンが白髪と脱毛を抑える作用があり、欠損すると毛包内の2種類の異なる幹細胞間での相互作用による幹細胞維持機構が破綻するため、白髪や脱毛を発症すると発表しています。



17型コラーゲンは皮膚表皮基底膜構成分子の一つであり、表皮と真皮の接着に最も重要な働きを持つことが知られています。研究では、17型コラーゲンは毛髪の角化細胞を生み出す毛包幹細胞でも作られ、脱毛を防止するとともに、髪が白くならないよう色素幹細胞の働きを維持する作用があるとされています。



色素幹細胞は黒髪などのもとになる色素細胞の供給源となり、毛包幹細胞は毛髪のもとになる角化細胞の供給源となることで、毛が生え変わるごとに黒色などの色素を持つ毛を生やしています。



17型コラーゲンは皮膚では表皮をその下の真皮につなぎ留める役割がありますが、頭皮の毛包では中ほどのやや膨らんだ部分「バルジ」に毛包幹細胞をつなぎ留めるほか、毛包幹細胞が自ら増殖するとともに角化細胞を生み出す機能の維持にも必須なことがマウスの実験で解明されました。



さらに、17型コラーゲンは別のたんぱく質「TGFベータ」を介して、毛包幹細胞に隣接する色素幹細胞の働きも維持していたことがわかり、脱毛だけでなく白髪にも関与していることがわかったとされています。



17型コラーゲンを作れないよう遺伝子操作したマウスでは、若いうちに白髪になり脱毛しました。さらに毛包幹細胞を含む基底細胞に17型コラーゲンを発現させると、再び毛包と色素の両方の幹細胞ができ、脱毛と白髪を抑えられたといいます。人間でも先天的に17型コラーゲンがなく、脱毛する疾患が知られていましたが、これまでメカニズムが不明でした。



今のところ、選択的に頭皮の毛包幹細胞において17型コラーゲンを増やす薬剤などはないようですが、これが開発されるならば、17型コラーゲンが不足することでの脱毛や白髪の予防や改善を期待できるといえます。

スポンサードリンク


[あとで読む]



【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛プログラム






お金をかけない薄毛対策〜芝崎プロポーションクリニック〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。