ローズマリー はげ・薄毛対策し隊

スポンサードリンク

ローズマリー

ローズマリーが、はげ・薄毛に効果があるといわれています。ローズマリー(Rosemary)とは、地中海原産、シソ科の常緑低木で、学名をrosmarinus officinalisといい、葉をハーブとして利用します。脱毛やフケに悩む頭皮を改善し、髪の成長を促進する作用を期待できるとされています。



ローズマリーを、タイム、ラベンダー、シダーウッドのハーブと組み合わせて使用した実験があります。これらを含有するエッセンシャルオイルを頭皮に用いて7ヶ月間マッサージを行ったところ、40%を超える円形脱毛症の対象者に髪の毛の生育の回復が見られたという報告されています。



これは、5αリダクターゼ阻害作用、血行促進作用、炎症抑制作用、抗酸化作用などに起因すると考えられています。たしかに、これらハーブには、それぞれ血行促進作用、炎症抑制作用、抗酸化作用などがあり、シダーウッドの精油は頭皮を柔軟にし、頭皮細胞の解毒を促進する作用があるなどから、これらのハーブの有効成分が複合的に働いたものと考えられています。



ところで、ローズマリーに含まれる、ウルソール酸(ursolic acid)は、コラーゲンを分解する酵素の働きを抑制したり、コラーゲン線維の産生を増強させる働きを持っています。頭皮の毛包(もうほう)幹細胞でつくられる、「17型コラーゲン」が脱毛と白髪の生成に大きく関与していることが明らかにされています。



したがって、ローズマリーに含まれるウルソール酸が、17型コラーゲンの生成に関与することで、はげ・薄毛に効果を得た可能性も考えられます。



ローズマリーには、ウルソール酸(ursolic acid)以外にも、ロズマリン酸(rosmarinic acid)、カフェ酸(caffeic acid)、クロロゲン酸(chlorogenic acid)、ゲンクワニン(genkwanin)、ルテオリン(luteolin)、カルノシン酸(carnosic acid)、カルノソール(carnosol)、ロスマノール(rosmanol)、オレアノール酸 (oleanoic acid)、ベルベノン(verbenone)、α-ピネン(alpha-pinene)などを含んでいます。



そのため、ローズマリーには、はげ・薄毛への効果以外にも、様々な効能が期待されていて、頭痛や、疲労感を感じている時や、無気力状態のときには、気分を元気づけ、心を強化してくれるとされます。また、頭を明晰にし、記憶力をよくする作用があるとされています。



ローズマリーの葉は、消臭効果や抗菌作用、抗酸化作用があることで、ヨーロッパでは古くから様々な儀式などにも使用されてきたハーブで、肉の鮮度を長持ちさせることから香辛料として肉料理や食品の保存時にも用いられています。



ローズマリーは、また、ドイツのコミッションEにおいても認められているハーブで、ハーブティーとして食欲不振、胃アトニー、肝機能低下、弛緩性便秘など消化機能低下や循環不全による活力低下など、身体の機能低下に強壮剤として、治療に利用されます。またリウマチや関節炎、神経痛の鎮痛に精油ではなく抽出液が外用で使用されます。



カルノシン酸には、神経細胞の維持に重要な役割を果たす神経成長因子の生成を高める効果があり、脳梗塞による壊死を予防する作用があるとされていて、軽度のアルツハイマー型認知症や、パーキンソン病の症状が改善する可能性を期待できるとされています。



さらには、カルノシン酸、カルノソールには、生体防御機構を活性化させる作用があり、解毒作用を高める作用を期待できるようです。ロズマリン酸には、花粉症の症状を緩和する作用があることが知られています。



ローズマリーのハーブティーは、鎮痛作用があることで、痛みの緩和に効果があり、水分が滞留したむくみや肥満の改善効果を期待されています。そして、肌を強化し、引き締める作用があり、たるんで、しわのある、老化した肌を若返らせる作用などを期待できるとされています。

ローズマリー 最新一覧 By 楽天



ムイラプアマ / 黒豆とワカメ / ローズマリー / どくだみ / シナモンと発毛 / 高麗紅参と育毛 / カプサイシンとイソフラボンと育毛 / パルテノライド(フィーバーフュー) / ノコギリヤシ

スポンサードリンク


[あとで読む]



【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛プログラム






お金をかけない薄毛対策〜芝崎プロポーションクリニック〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。