脂肪前駆細胞 はげ・薄毛対策し隊

スポンサードリンク

脂肪前駆細胞

脂肪前駆細胞(adipose progenitor cells)が、発毛に大きくかかわっているとする報告があります。脂肪前駆細胞は、脂肪になる前の細胞のことです。



発毛には17型コラーゲンが毛包幹細胞を含む基底細胞に発現することが必要とされています。血小板由来増殖因子(PDGF:platelet-deriyed growth factor)は、コラーゲンの合成を促進することが知られています。



血小板由来増殖因子(PDGF)は、血小板に由来する増殖因子で、血管内皮細胞や血管平滑筋細胞、またマクロファージなどの間葉系細胞で産生されることが知られていますが、脂肪前駆細胞が作り出していることが確認されています。



米エール大学の研究チームのマウスを使った実験によると、毛根の周りにある脂肪前駆細胞は、毛が成長する直前に増えることが確認されていて、脂肪前駆細胞が血小板由来増殖因子(PDGF)を作り出すことで毛包幹細胞に17型コラーゲンを発現し発毛につながると考えることができるようです。

育毛剤 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク


[あとで読む]



【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛プログラム






お金をかけない薄毛対策〜芝崎プロポーションクリニック〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。