ムイラプアマ はげ・薄毛対策し隊

スポンサードリンク

ムイラプアマ

ムイラプアマが、はげ予防に効果があるハーブといわれています。ムイラプアマ(学名:Muira Puama)は、ボロボロノキ科に属しアマゾン熱帯雨林とブラジル北部原産の高さ5m程の低木です。



ムイラプアマは、根から葉先まですべてを何らかの用途に利用できるといわれています。アマゾンの先住民の人々の間では、根と樹皮の部分が内服薬として利用され、 はげ予防効果があるとして利用されています。



ムイラプアマは、血流の改善効果があることなどから、体の温め効果を期待でき、神経の失調やうつ病の鎮静を期待したい場合にも役立つと考えられています。 さらに、性能力の低下や 男性性不能症、リューマチ、流感、心臓性無力症、胃腸の無力症などの治療に効果があるといわれています。



またムイラプアマは、入浴剤として用いられたりマッサージに併用されることもあり、麻痺した身体をほぐす効果が知られています。そして、根から抽出したエキスが、『肉体的、精神的疲労を緩和し』、『虚弱体質を改善する』作用に関し特許が取得されています。



そして、ムイラプアマの根はストレスに起因する潰瘍を抑制する作用もあるとされ、葉は鎮痛作用を持つことが発見されています。



ムイラプアマの樹皮は、中枢神経に働きかける一定の作用があることがマウス実験の結果として報告されています。また、ムイラプアマ樹皮には穏やかですが、一時的に血圧を下げる作用があるとの報告もあります。



また米国では、ムイラプアマには『体脂肪率を下げ、脂肪分の少ない筋肉を増強し、コレステロールを下げる』作用があるとして、特許が正式に提出されています。



ムイラプアマは、古くから、アマゾンの原住民の人々により利用されていましたが、ムイラプアマが南米の都市部やヨーロッパのハーブ医療に取り入れられたのは、1920年代に入ってからのことです。



アマゾンの原住民の人々は、命の源を刺激するするものとして男性、女性の性エネルギーを増強するために古くから使用されてきました。現地では、「性エネルギーを高める木」とも呼ばれています。



現在では、ハーブ医療の盛んな欧米でも広く使われています。その利用方法は神経系統を刺激し、性衝動(リビドー)を高めるとされ、性能力回復、性欲促進効果があるとされ、また、疲労回復、抗ストレス、そして、リウマチ、神経痛、消化不良、肩コリ、生理痛、月経不順などの解消にも用いられています。



これらのことから、ムイラプアマは、はげ予防効果よりも、疲労回復効果や、強壮剤、媚薬、としての効果が注目されているハーブといえます。

ムイラプアマ 最新一覧 By 楽天



ムイラプアマ / 黒豆とワカメ / ローズマリー / どくだみ / シナモンと発毛 / 高麗紅参と育毛 / カプサイシンとイソフラボンと育毛 / パルテノライド(フィーバーフュー) / ノコギリヤシ

スポンサードリンク


[あとで読む]



【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛プログラム






お金をかけない薄毛対策〜芝崎プロポーションクリニック〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。