はげとオルニチン はげ・薄毛対策し隊

スポンサードリンク

はげとオルニチン

はげの原因の一つが成長ホルモンにあるのですが、その成長ホルモンの分泌を増やすことができればある程度の、はげ対策になると思われます。そして、年齢とともに減少する成長ホルモンの分泌を少しでも増やすには、アミノ酸のオルニチンが効果があるようです。



オルニチンは成長ホルモン誘導体として働くことが確認されているんです。さらに、はげには、オルニチンとともに同じアミノ酸のアルギニンを摂るといいようです。アルギニンは、免疫反応の活性化と細胞増殖の促進そしてコラーゲンの生成促進をする効果があるとされています。



オルニチンで成長ホルモンの分泌を促し、アルギニンが細胞増殖の促進をし、コラーゲンの生成を促せば、自ずと、髪が生えて、はげが治るというわけです。オルニチンはたんぱく質を構成しない遊離アミノ酸です。ですから、食品から摂るのはなかなか難しいようです。代表的なものには、しじみがあります。某社の体調に関する実験では、1日800ミリグラムを摂取したようですが、それだけの量を食事で摂るのは無理なようです。



実は、この成長ホルモンは、はげだけでなく、肥満やメタボリックシンドロームにもいいよう
なんです。まず、筋肉を作ることで、エネルギーの消費を増やすのですが、さらに、糖をエネルギーに変える仕事をし、脂肪細胞の中に蓄えられている中性脂肪を分解して、血液中に遊離脂肪酸を放出させます。その遊離脂肪酸は肝臓や筋肉などで分解され体脂肪が減少するんです。



これらの仕事を成長ホルモンは、睡眠している間中行います。寝る子が育つのはそのためです。最もコアな働きをするのは、入眠後1回目のノンレム睡眠から3時間の間ですが、それ以降も目覚めるまで成長ホルモンは活動を続けるんです。はげは、寝て治すんです。


オルニチン 最新一覧 by 楽天

スポンサードリンク


[あとで読む]



【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛プログラム






お金をかけない薄毛対策〜芝崎プロポーションクリニック〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。