ノコギリヤシ はげ・薄毛対策し隊

スポンサードリンク

ノコギリヤシ

ノコギリヤシは学名を「セレノア・レペンス」といい、ヤシ科シュロ属の低木で平均1〜2m程度に成長します。その葉がノコギリのような形をしているのためにノコギリヤシという名前で呼ばれています。



北米が原産で、テキサスやフロリダに広く分布しています。アメリカではSaw Palmetto(ソーパルメット)と呼ばれています。利用するのは、果実の部分で、アメリカンインディアンの間で古くから愛用されてきました。今、ノコギリヤシの果実エキスの働きが世界的に注目を集めています。ヨーロッパではすでに前立腺に関する治療薬として認可され、副作用も少ないこともあり、医療現場で盛んに使われています。



最近の研究では、はげは、男性ホルモンのテストステロンが酵素の5αリダクターゼと結び付いてできる、ジヒドロテストロン(DHT)という男性ホルモンによって引き起こされるとされています。



5αリダクターゼ(酵素)のタイプには、1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼのタイプの2種類あることが分かっています。1型5αリダクターゼは、頭皮の皮脂腺にたくさん存在し、髪の毛をつくり出し活発に成長させるとされる毛乳頭には、タイプ2型5αリダクターゼが存在します。



ノコギリヤシは 、どちらのタイプに対してもテストステロンとの結合を阻害する働きがあることが確認されています。つまり、はげを作り出す男性ホルモンであるジヒドロテストロン(DHT)の生成を阻害してくれるわけです。



ただし、今のところ確認されているのは実験室レベルで実際の生体での検証はなされていないようです。ほんの小規模のテストはされているようですが、確たる成果として認められるものはまだのようです。



ですが、今のところ、ノコギリヤシには副作用等に関して重篤なものは報告がありません。ですから、試してみることは問題がなさそうです。ただし、毛周期を考えると、効果を確認するには6ヶ月から長ければ、2年を要します。


ノコギリヤシ 最新一覧 By 楽天


ムイラプアマ / 黒豆とワカメ / ローズマリー / どくだみ / シナモンと発毛 / 高麗紅参と育毛 / カプサイシンとイソフラボンと育毛 / パルテノライド(フィーバーフュー) / ノコギリヤシ

スポンサードリンク


[あとで読む]



【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛プログラム






お金をかけない薄毛対策〜芝崎プロポーションクリニック〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。