シナモンと発毛 はげ・薄毛対策し隊

スポンサードリンク

シナモンと発毛

シナモンが育毛に効果があるのではないかとされています。日本テレビの「世界一受けたい授業」では、頭髪の有無と頭皮の毛細血管の有無が画面上で歴然としていました。育毛には頭皮の血流改善が大きな要因とされていましたが、それを、まさに目の当たりにした感があります。



皮膚の毛細血管については、資生堂が、永らく、研究をしていたようで、ソウル大学の皮膚科チャン教授との共同研究により、40代後半になると皮膚細胞血管の機能が低下し、栄養が皮膚の末端まで届きにくくなることを見出したと報告しています。



資生堂は、この結果をもとに、大阪大学微生物病研究所高倉伸幸教授との共同研究により、この皮膚毛細血管の機能低下を改善する効果が、楠木科の香木ケイの樹皮、つまりシナモンから抽出したケイヒエキスにあることを世界で初めて発見したと報告しています。



皮膚毛細血管は、血管内皮膚細胞とそれを覆う壁細胞の二層構造になっています。この構造が正常な場合には、血液が末端まで届き、細かな網から滲みだすようにようにして必要な量の栄養分が頭皮の隅々まで届けられています。



ところが、皮膚毛細血管は、加齢とともに内皮細胞から壁細胞が剥離しやすい、不安定な状態に陥りやすくなると考えられます。40代後半に内皮細胞から壁細胞がはがれることで、血液が過度にもれやすい皮膚毛細血管が増加することが確認されています。



その結果、毛細血管の末端まで血液が届かなくなり、その末端にある頭皮表面では、血流が悪くなりますから、毛根などへの栄養が充分でなくなることで、脱毛、薄毛に結びつくと考えられます。



資生堂の研究では、その原因は、内皮細胞にあるレセプター型チロシンキナーゼTie2(タイツー)の活性の低下にあるとされています。Tie2は、年齢による量的変化はありませんが、活性の低下が年齢により確認されているとのことです。そして、その活性化に効果があるのがシナモンの摂取であり、1日0.6g程度で充分とされています。



シナモンは、古くからケイヒエキスとして漢方薬のひとつとして利用されてきました。クスノキ科の常緑の香木で中国、ベトナム、カンボジア、インドネシア、スリランカ、インド南部に分布します。日本では、中国産の広南ケイヒが主に流通しています。



ケイヒエキスは、テルペノイド系化合物を含む精油やタンニンを含有し、解熱作用、骨節疼痛軽減作用、血圧降下作用、腸管運動促進作用、ストレス性胃びらん予防作用、胆汁分泌促進作用、抗菌作用、抗かび作用があると言われ、西欧では温める作用、利尿、通経、解毒、収斂、鎮咳、抗炎症作用があるとされています。



さらに、歯周炎菌酵素の抑制作用、抗酸化ならびに活性酸素生産抑制作用、抗潰瘍作用、寄生虫の運動抑制作用、抗腫瘍作用、抗アレルギー作用などの報告があります。



ケイヒエキスの摂取はTie2を活性化させ、皮膚毛細血管の血管透過性の正常化を促すことで、栄養成分を末端組織まで供給し頭皮の恒常性に寄与することで育毛効果を得ることが出来ると考えられます。



ケイヒは食品ではシナモンの名称で香辛料のひとつとしてカレー、ソース、焼き肉のたれなどに使用されていて、また、菓子の香りつけとして(京都の)八つ橋、アメ、ケーキなどに使用されてもいます。ちなみに、シナモントースト1枚で0.4gのシナモンを摂取できるとされています。



このように、シナモンは古くから香辛料として菓子や料理等に使用されていますが、シナモンの重量の1割弱を占める香気成分クマリンは過剰摂取により肝障害を誘発する恐れがあるとされています。



ドイツの公的機関(BfR)がクマリンの過剰摂取に注意喚起していて、そのBfRの設定値によると体重50kgの人の1日耐容摂取量(=一生食べ続けても発症しない量)はクマリンとして5.0mgとされています。通常の摂取ではありえない量ですが、育毛のためには、シナモンとして0.6g程度で充分ですから、くれぐれも過剰摂取には注意したいところです。

シナモン 配合サプリ 最新一覧 By 楽天


ムイラプアマ / 黒豆とワカメ / ローズマリー / どくだみ / シナモンと発毛 / 高麗紅参と育毛 / カプサイシンとイソフラボンと育毛 / パルテノライド(フィーバーフュー) / ノコギリヤシ

スポンサードリンク


[あとで読む]



【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛プログラム






お金をかけない薄毛対策〜芝崎プロポーションクリニック〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。